信頼できる業者に産廃処理を依頼しよう|環境の面も考慮

埋め立てから再利用へ

不用品

大型機械の導入

公共工事の大型化や、大型のマンション、ビルなどの解体で大変大きながれきが発生します。また東北大地震などで家屋などの木材がれきがたくさん発生したことは記憶に新しいところです。これをそのまま放っておいては、これらの廃棄物がだんだんと多くなってくるだけですので、どうにかして処分をしなければなりません。これらの大型のがれきは大型の破砕機を使うことにより処分を行います。たとえばコンクリートがれきについてはロッククラッシャーなどの大型の機械を導入してコンクリートを破砕して小さくします。瓦礫選別を行ってコンクリートがらと金属に分別します。小さくなったコンクリートがらは、家屋やビルなどの基礎工事の骨材として再利用することが可能です。

再利用の促進

家屋などで発生する木材がれきは大型の破砕機を使って小さな木材チップにします。瓦礫選別を行ったうえでそれを発酵させて野菜の肥料にしたり、これらのチップを自然発電のバイオマス発電の燃料にします。いずれも再利用することで、それらのがれきは自然に戻ることとなります。どちらも大変に環境にやさしい再利用方法となっています。がれきの処分は官民挙げてそのリサイクル方法を研究しているところです。このように瓦礫選別を行ってその材料を分別することによって再利用する企業も多くなっており、それで利益を出している企業もたくさんあります。瓦礫選別を行うことでそれぞれの原料が持っている特性を生かして、再利用とする試みは継続していかなければなりません。