信頼できる業者に産廃処理を依頼しよう|環境の面も考慮

破砕機の価格

粗大ゴミ

産廃用破砕機械の相場について

産廃用破砕機は、廃プラや廃木材、繊維、紙くず、家電などといった産業廃棄物を破砕するための機械です。破砕することによるメリットは、それぞれの産廃を減容化することができ、効率よく運ぶことが可能になり、リサイクルに掛かる費用を抑えられるメリットがあります。産廃用破砕機は、もともと特殊な用途であるため、一般の人が購入することはありませんが、実用的なサイズで最小のものでも新品では1千万円程度の費用が必要になります。また作業効率の良いものや安全対策などが施されたものは価格が高い傾向にあり、1千万円以上は必要になります。中古ではやや下がりますが、本体価格のほかにも設置費用などの費用が掛かるのでトータルで見た場合には数千万円は必要になります。

その機械の役割について

産廃用破砕機の役割としては、産廃を破砕し減容化することです。破砕してしまうことで、圧縮してサイズを減らすことも可能です。また選別作業もしやすくなるメリットがあります。破砕機といってもいくつかの種類があり、ひとつは二軸式のものがあります。二軸式は両方から物体を挟み込み砕いてしまうもので、効率よく砕くこととが出来ますし、詰まりにくいメリットがありますが両方の軸を調整する必要があるため、メンテナンス性不利なところがあります。一方で一軸式は二軸式とことなり物体が絡まりにくいメリットがあり、やや作業効率は二軸式に比べて劣りますが、さまざまな物体を処理できるメリットがあります。またこのほかにも蛍光灯やペットボトルといった素材を限定した破砕機も使用されています。